【連載】二日酔いピカレスク ~アルコールに咲く徒花②~

タケシの嫁さん<前半>

いつものメンツ+2。
今日も私とヒロ、そして違うのは同じく幼なじみのタケシ、そして我々とは初対面の彼の婚約者が一緒だったことである。

4人で呑んで、2件目の流れ。
外に出て顔を上げると、左斜め前にチャリンコに載ろうとしている1人の女性が。

と、彼女のお尻のあたりから何かが落ちた。

「ドサッ」

財布である。

落ちた財布

その瞬間、私は無意識にダッシュしていた。
もちろん財布を盗むためではない。
絶好のチャンスを得たからだ。

「すみません!財布落としましたよ!」
「あ!気づきませんでしたありがとうございます!」

(・・・フツーにかわいい)

見るとチャリンコのカゴには野菜がいっぱい。
どうやら近所の方のようだ(まあチャリンコの時点で遠いはずないのだが)。

「野菜買いまくってますねー。このあたりにお住まいなんですかー?」
「フフフ。そうですよー。」

感触は悪くない。

「あのぅ、僕らいま4人で飲んでるんですけど、よかったら一緒にどうですか?」
「えー今からですかー?うーん。。。」

これはいける。直感がそう告げた。押せ。

自転車と女性

「あ!女性もいるんで安心してください!」
「えーそしたら悪いですよー。」

「あ、いえ、全然そんなん(どんなん?)じゃないんで気にしなくて大丈夫です!」
「えーっとそしたら1杯だけ行こうかしら。」

ゲトゥー!ゲットゥー!
ナンパの神様どうもありがとう。

しかしこれから起こる波乱を、この時点で誰が予想しえただろうか。

続く。