【連載】二日酔いピカレスク ~アルコールに咲く徒花⑤~

酒呑み四天王

学生時代の思い出の続き。
ある日、『ダイ』という1個下の後輩が言ってきた。

「ウコン皇子さん、俺らん中で一番酒強いらしいじゃないですか。〇〇(←学校の名前)四天王とかって呼ばれちゃって。ちょっと俺と勝負してくださいよ。」

四天王

まるで意味が分からない。
なぜコイツと勝負?をしなくてはならないのか。

と一瞬思ったものの、なにせ私も若かった。
酒が強ければそれだけで存在感を出せた。
そんなくだらなくも楽しい世界にいた。

「おーやったろうやないけ」

居酒屋内観

ということで、19時までビールが1杯90円のいきつけに行く。
学生は得てしてみな貧乏である。
クオリティなどは気にしない。

勝負の行方

初手はビールから入り、次々と杯を重ねていく。
冬だったこともあり、熱燗勝負へ。
マズイ。これは危険な流れだ。

熱燗

ダイは次第に呂律が回らなくなりながらも強気の発言を続ける。
「いや俺、まだまだれんれん(全然)っスよ~。ウコン皇子さんそんら(な)もんですか~?俺四天王なっちゃいますよ~。」

どうぞ。

かくして2時間は経過しただろうか。
ろくに食いもせず、ただひたすら徳利を空にした。
一体二人で何合空けたのだろう。

さすがに私も酔っていた。

「ダイ、もう俺の負けでいいから、そろそろ行こうやー」
「えーいいんしゅかー!やったー俺の勝ちっスよーーー!」
「おっけ、負けたよ。いこいこ。」

会計を済ます私。
先に外に出るダイ。

その店は地下で、階段がらせん状になっており上が見えない。
「あれーダイもう上行ったのかー?」

階段

上がっていく私。
突然視界に入る二本の足。

ダイだ。

「おい何やってんだ!大丈夫か!?」

イヤな予感がする。

頭のほうに行く。

ゲ●まみれである。

そう、自分のゲ●で滑ってコケているのだ。

転倒した人

しかも酩酊状態でとても自力では歩けない。
やむを得ず近くにいた仲間を呼び寄せ、なんとか事なきを得たのだった。

ダイよ、あとのき君は、間違いなくTOPオブ四天王だった。

その後、ダイが挑んでくることは二度となかったのは言うまでもない。

おわり