最強の秋ウコン・沖縄皇金

沖縄皇金というスーパーフード

サケキングには4種のウコン(黒ショウガ:別名クラチャイダムまたは黒ウコンを入れると5種)が入っていますが、やはり主役は春ウコンと沖縄皇金なのです。

今回は、その沖縄皇金についてちょっと語ってみようかと。

「おきなわおうごん」と読むニクイやつ。

こいつは秋ウコンを改良した新品種で、サケキングの製造元である㈲沖縄長生薬草本社が2012年に農林水産省から品種登録を受け、以降25年間、他の生産者が無断で栽培できないよう種子の権利が国より保障されているという、エキセントリックな品種なのであります。ほー。

ウコン畑

沖縄皇金と秋ウコンの比較

外形・薬効その他

<通常の秋ウコン>

ショウガ科ウコン属
草丈:40~50㎝
和名:鬱金
花期:7~8月
薬効:胃炎、吐血、喀血、痔、肝炎、胆石、胆のう疾患、黄疸、血尿、てんかん、外傷、鼻血、月経不順、月経過多
分布生育場所:アジアの熱帯地方原産。沖縄、鹿児島県南部で栽培、自生。インド、マレーシア、インドネシア、中国地方でも広く栽培。

沖縄皇金
※沖縄皇金(左・でかい!)と秋ウコン(右)

<沖縄皇金>

ショウガ科ウコン属
草丈:1~2m
和名:沖縄皇金
花期:夏~秋
薬効:胃炎、蓄膿症、肺炎、肝炎、腎臓炎、胆のう疾患、黄疸、血尿、婦人病、抗酸化、生活習慣病
分布生育場所:主に沖縄県南城市

沖縄皇金の特徴

・通常の秋ウコンの根茎に比べて、株が5倍ほど大きく、色素も濃い。
・天皇杯の記念式典の際に天皇皇后両陛下が直接手に取りご覧になったのがきっかけでこの名前が付く。
・テトラヒドロクルクミンを22倍、活性酸素吸収能力(ORAC)を2倍有する。

みなさんクルクミンはなんとなく聞いたことありますよね?

ポリフェノールの一種に分類されるクルクミンは、鮮やかな黄色を持つウコンの色素成分です。
カレーがあの色なのはこのクルクミンのせいですね。

ウコンパウダー

クルクミンには抗酸化作用や抗炎症作用、肝臓保護、消化不良改善、美肌など、多くの作用があると言われています。
その中でもやっぱり一番有名なのは肝臓の働きを助け、アルコールの分解を促進するという点でしょう。

市販されている二日酔い対策ウコンドリンク、サプリにはほぼ間違いなく、クルクミンまたは秋ウコン(エキス)が使用されています。
そのクルクミンが、普通の秋ウコンの22倍含まれているのがこの沖縄皇金なんです。

いいですか、ここ大事なのでもう1回言いますね。22倍です。

間違いなく驚異のスーパー秋ウコンなんです。
なんかもうでかさがすごさを表してますよね。
テトラヒドロクルクミン、強そうです。
しかも無農薬です。
二日酔いに効かないわけがないんです。

22号線

サケキングはこれをメインのツートップ(相方は春ウコン)に使っています。
市販されているウコンドリンクのどこぞの秋ウコンか解らん輩を薄めに薄めて30mg配合!って言うて、添加物で甘くして保存料を入れて誤魔化しているのとはワケが違います。
ハッキリ言ってあんなのプラシーボですよ(個人の意見)。

ウソだと思ったそこのあなた、今度(今夜)比べてみてください。絶対に翌日が違いますよ!
いいですか、二日酔い防止は沖縄皇金=サケキングです!

 

※実際にはクルクミンだけ摂れば良いってわけではないので、春ウコンや紫ウコンやらと組み合わせているのですが、SAKEKINGに含まれる4種のウコンについては、以前書いたこちらの記事で語っています。

●ウコンの効果・効能とは?4種のウコンの違いって?

ウコンの効果・効能とは?4種のウコンの違いって?